2017年 沖縄トライアル大会 第9戦 北部スズキ大会を開催しました

掲載台数 2,250

2017年 沖縄トライアル大会 第9戦 北部スズキ大会を開催しました

2017年 沖縄トライアル大会 第9戦 北部スズキ大会を開催しました

9月になり日差しが少し優しくなったかなと思うが、まだまだ暑い沖縄。名護市の北部スズキ自動車敷地内にて沖縄トライアル大会第9戦北部スズキ大会が24日の第4日曜日に開催しました。今年は台風が来ない。雨はあまり降らず晴ればかり続き、草刈りしても草の成長が早く、いくら刈っても追いつきません。
全体的には参加選手がすくなかったのですが、ビギナークラスの参加が多くみんなでビギナーを応援、指導しながら楽しく、大会は和気あいあいで大会が進行しました。
各選手スタートから張り切って走り始めますが大会が進むにつれて厳しくなります。水分とって水掛けて、人間を水冷で冷やしますが、追いつかず頭がクラクラします。35度は暑い!
今回は斜面で石ゴロゴロ、タイヤや岩が並ぶ場所に長めで4セクションの3トライで走りましたが、草が多く残っていてタイヤを取られ減点を取ってしまう姿が多くみられました。暑さも大敵で体力、集中力がなくなっていき、セクションは優しめに作っていますが、減点が増えて厳しい戦いです。

エキスパートクラス

スタート前から張り切る各選手、調子良く走り出します。しかし、1番セクションからバタバタの足つきが続きます。イメージあるがその通りに行きません。やっとOUTしますが体力が奪われます。2番セクションでやっとクリーンがでましたが、クリーンはこれだけで、減点を増やしていきます。水分を取り走りますが、風が止まり暑く厳しい状態。長浜選手は走っている時にマーカの位置が分からなくなってコースミスします。頭が動いていない・・暑さのせいだ!選手の顔が赤い、やばいぞ・・
優勝は減点28クリーン1で木下康成選手です。ベストクリーンです。2位は減点32クリーン1で津嘉山正選手、最後の斜面を125で何とか登りきりました。3位には減点37クリーン0で知念太選手、フラフラで「暑さに負けました。早く来い、秋・・」

ジュニアクラス

練習で足痛めて参戦していない私・・
他の選手も仕事や子供の運動会などでタイミングが合わせられず、今回の参加が0人・・・
こんな事は初めて・・寂しい・・

ノービスクラス

暑さの中をテンポよく走る新垣選手と大城選手、走るラインは新垣選手が上手に走り経験の差が出ます。ミスを何とかカバーして走る大城選手ですが、少しずつ減点が増えていきます。マシンの調子上がってきている翁長選手は焦らず無理せずマイペース、減点を取りながらもOUTを目指し走ります。マシンを調整した保栄茂選手、各セクションのポイント箇所は越えていきますが、ターンで何故かギクシャクしています。どうしたの・・
優勝は大城幸太郎選手で減点6クリーン7の成績で初優勝です。体力ある若さの勝利!
2位には減点8クリーン8新垣智一選手ベストクリーンは取っていますが「最後のセクションOUT手前でミスった・・」と5減点を悔やみます。3位には減点23クリーン3で翁長武直選手が入賞しました。保栄茂選手は残念ながらクラッチトラブルで、途中からクラッチが切れません。最後まで走りましたが納得できずに落ち込んでいます。「整備したのに・・」

ビギナークラス

今回の大会で一番多い参加クラスになりました。
引率に走るラインを教えてもらいトライしますが、そのラインに行けずバイクは難しいところに向かっていく・・「あれ、あれ・・」と笑顔で転倒も!思うところに行かない。改めて「走る・曲がる・止まる」が難しい。また、長い斜面にもチャレンジ!頑張って登れた時は至福の時です。
優勝は比嘉文弥選手、減点13クリーン3です。2位は川崎雄士選手で減点17クリーン3、3位には赤崎実昭選手で減点24クリーン2の成績でした。大会後はみんな揃って楽しく練習していました。ファイト!
引率推薦で比嘉選手と川崎選手はノービスクラスに昇格になりました。

  • エキスパート_木下康成
  • エキスパート_知念太
  • エキスパート_長浜晃
  • エキスパート_津嘉山正
  • ノービス_翁長武直
  • ノービス_翁長武直・保栄茂隆
  • ノービス_新垣 智一
  • ビギナー_吉浜千恵美
  • ビギナー_赤崎実昭
  • 仲間真路・比嘉史哉・川崎雄斗・崎原雄士

2017年の沖縄トライアル大会第11戦は、11月26日(第4日曜日)は名護市喜瀬区でブセナ大会を開催いたします。エントリー受付は大会当日の朝に会場で受付します。

沖縄トライアル協会では毎月トライアル大会を開催しています。(年間12戦)
気軽に足を運んで、観覧もしくは参戦などどうでしょうか。トライアルを楽しみましょう!!
観戦および大会参加を待っています。気軽にどうぞ!!

バイクトライアル競技とは、バイクの走る・曲がる・止まる、の基本操作を追及してバイクの操縦技術を競い合っています。
トライアルを観てみたい方、トライアルバイクに乗って体験したい方、トライアル大会に参加したい方、お気軽にお問い合わせください。

沖縄トライアルについての問い合わせ
沖縄トライアル協会
2017年 会長:高良 勝彦 090-1341-8962
2017年 広報:大西 邦孝 090-8290-1614

ランキング

  • エキスパートクラス

    順位 氏名 チーム名 車種
    1 木下 康成 カンガルー TRS 300
    2 津嘉山 正 首里チーム ガスガス280 125
    3 知念 太 セイキ ベータ EVO 300
  • ノービスクラス

    順位 氏名 チーム名 車種
    1 大城 幸太郎 STC ガスガス
    2 新垣 智一 カンガルー ガスガス280
    3 翁長 武直 カンガルー JTG300
  • ビギナークラス

    順位 氏名 チーム名 車種
    1 比嘉 史弥 RTL260F
    2 川崎 雄士 ガスガス
    3 赤崎 実昭 RTL260F
第11戦
11月26日(日)in名護市 ブセナ大会

沖縄バイクトライアルでは、競技を楽しむとともに、運転技量の向上、コミュニティー構築、安全意識の向上にも力を入れています。
初心者大歓迎!かっこ良く走りたい、上手くなりたいそこのアナタ!一緒にバイクトライアル!

PAGE TOP

沖縄のバイクを探す