トライアンフのバイク:車名一覧

掲載台数 1,694

キーワード検索

トライアンフ登録台数5

トライアンフについて

どんなメーカー?

現存するバイクメーカーの中で最古とも言われ、130年以上の歴史を持つ※1 英国のブランド。
しかしながら、その長い歴史の間に会社の売却や破綻、生産中止など様々な紆余曲折があり、それを乗り越えて1990年に生産体制を整えて完全復活。現在のトライアンフモーターサイクルとなる通称”ヒンクレー・トライアンフ”が誕生しました。

トライアンフを有名にしたのは世界最速の市販車を目指して作られた650ccの並列2気筒「ボンネビルT120」(1959年)です。1962年にはこのエンジンを搭載した車両による最高速チャレンジが行われ、361km/hを記録して文字通り世界最速の称号を手に入れました。他にもマン島TTレースやアメリカのデイトナ200マイルレースなどでも勝利を収め、数々のレースシーンにその名を刻んでいます。

近年のモータースポーツではロードレース世界選手権のMoto2※2 クラスにトライアンフ製の3気筒765ccエンジンが供給され、MotoGPへの登竜門として若きライダー達がトライアンフサウンドをサーキットで響かせています。

トライアンフは数々の有名な映画にも登場します。007シリーズ25作目のノー・タイム・トゥ・ダイ(2020年)とジュラシックワールド(2015年)では「スクランブラー」が活躍。印象深いのはミッション:インポッシブル2(2000年)で主人公イーサンハントが駆る「スピードトリプルT509」です。激しいスタントに息を呑んだファンも多いでしょう。
数ある名場面を飾ってきたトライアンフですが、最も印象的なシーンは1963年公開の”大脱走”でスティーブマックイーンが乗った「TR6トロフィー」の大ジャンプシーンではないでしょうか。

近年はヤマハ車にも搭載される特徴的な3気筒エンジンですが、トリプルといえばトライアンフと言っても良いほど歴史は古く、そのルーツは1968年に発売された「T150トライデント」まで遡ります。
各メーカーが3気筒にチャレンジしては消えていった中、トライアンフは3気筒バイクをラインナップの中心に置き、現在では660cc、765cc、888cc、1050cc、1215cc、2458ccと6種のエンジンを製造する世界有数のトリプルエンジンメーカーなのです。

主な車両

トライアンフといえばクラシカルなデザインと並列ツインエンジンを搭載した1956年の”ボンネビル”を思い浮かべる方は少なくないはず。
現行車両では、そのイメージを色濃く残している900ccの「ボンネビルT100」と1200ccの「ボンネビルT120」が後継車と言えるでしょう。他にはスポーティーな「スピードツイン」や、カフェレーサースタイルの「スラクストンRS」、アウトローな雰囲気漂う「ボンネビルボバー」などメーカーカスタムともいえる派生モデルが並びます。
さらには同エンジン搭載し、アップスタイルマフラーを装備したオフロードスタイルの「ストリートスクランブラー(900cc)」と「スクランブラー1200」もラインナップされ、多種多様なバリエーションを誇ります。

スポーツバイクではMoto2エンジンを搭載し、レースバイクの公道仕様とも言える「デイトナMoto2 765」やその前身となる旧モデルの「デイトナ675」、スポーツネイキッドの「スピードトリプル」やその弟分となる「ストリートトリプル」など、これらは新世代トライアンフの象徴ともいえるバイク達です。

アドベンチャーカテゴリーでは3気筒の「タイガー800」が人気。この排気量で車両重量が200kg~208kg※3 と軽量に仕上がっており装備も充実。2020年には「タイガー850」「タイガー900」に排気量アップ&モデルチェンジが行われました。

2019年には量産車最大排気量となる2500ccのエンジンを持つ「ロケット3」が登場。フロント150mmリア240mm幅の極太タイヤと221Nm(22.5kgf・m)の最大トルクを持つ化け物は、時速約100kmに到達するタイムを意味する”0-60mph”で2.73秒の世界記録を樹立。720馬力のマクラーレンを置き去りにする圧倒的パワーに脱帽です。

こんな人にオススメ(編集部独自の意見です!)

  • 軽量でパワフルなスポーツバイクが好き
  • クラシックなデザインのバイクに憧れる
  • オリジナリティあふれるエンジンサウンドを楽しみたい

トライアンフのバイクで沖縄を楽しもう!(編集部独自の意見です)

  • ヨーロッパっぽい石畳の細い路地がある壺屋やちむん通りを「ボンネビル」でゆっくりお散歩
  • 本島最北端の辺戸岬周辺のフラットダートをスクランブラーで颯爽と駆け抜ける

メーカーデータ

ブランド名
TRIUMPH(トライアンフ)
国籍
英国
企業名称
Triumph Motorcycles Ltd
  • ※1:ブランド創設時は自転車製造で、自動二輪車の製造は1902年スタート
  • ※2:イコールコンディションでレースを行うため1つのメーカーだけがエンジンを供給するワンメイクレース
  • ※3:乾燥重量(燃料、オイルなどの潤滑油、燃料等を含まない重量のこと)

ご希望の条件をご指定下さい。表示する車種を絞り込めます。

排気量401~750cc

複数の車種を選択したい場合は、チェックをして「チェックしたバイクを探す」をクリックして下さい。 まとめて選択できる車種は30台です。

  • 移動先を
    指定
  • チェック
    0車種
カワサキ プラザ那覇はカワサキモータースバイクの新車・中古車販売、整備・点検・車検、パーツおよびグッズの販売を行っております。
北谷に新たな南風が吹く! ホンダドリーム沖縄北谷 2020年9月5日 GRAND OPEN
毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す