トライアンフのバイク:車名一覧

掲載台数 2,074

トライアンフ登録台数11ご希望の条件をご指定下さい。表示する車種を絞り込めます。

ご希望の条件をご指定下さい。表示する車種を絞り込めます。
排気量401~750cc

複数の車種を選択したい場合は、チェックをして「チェックしたバイクを探す」をクリックして下さい。 まとめて選択できる車種は30台です。

  • 移動先を
    指定
  • チェック
    0車種

トライアンフとは

メーカー・ブランドの歴史

イギリス屈指のバイクメーカーです。世界的にも有名なバイクメーカーへと昇りつめたトライアンフですが、その歴史の中には経営者の交代や会社の倒産など波瀾万丈な危機が数多くありました。

1885年にドイツ人のジーグフリード・ベッドマン氏によって設立されたトライアンフは、自転車の製造や販売を経てバイク市場へと参入した歴史を持ちます。1902年に発表した第一号車は瞬く間に人気が高まりました。そして大戦中は軍用バイクを、戦後からは数多くの民間用バイクを世に送り出しました。

しかし、軌道に乗ったかと思われた1900年代後期、トライアンフは他メーカーの傑作車たちに蹴落とされ、経営破綻や生産中断を余儀なくされていきます。復活を遂げたのはまだまだ記憶に新しい2000年、このころには日本にもトライアンフ・ジャパンが設立され、今後の成長に期待が高まっています。
代表的な排気量とモデル
排気量400cc以上のモデルでは、 トライアンフが誇るスポーツタイプ、デイトナ675が人気です。排気量251~400ccのモデルでは、旧車を思わせるクラシックな風合いのボンネビル400に人気があります。
メーカーの特徴

クラシックな風合いからスポーツ、クルーザー、アドベンチャーと方向性が異なるラインナップを展開しているのが特徴です。異なるコンセプトにはシリーズごとの特性が顕著なため、「トライアンフは○○なバイク」と一言で言い表すのは難しいかもしれません。

しかし、波瀾万丈な歴史の中で築き上げてきた技術からつくられたバイクには、トライアンフならではの二面性が備わっており、「見た目はレトロ・中身はハイテク」といった共通の特徴があります。
ハーレーダビッドソン 認定レンタルバイク
毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

PAGE TOP

沖縄のバイクを探す