バイクカタログ情報(スズキ(SUZUKI)SKYWAVE 650/LX)

掲載台数 1,784

キーワード検索

スズキ(SUZUKI)SKYWAVE 650/LXのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
40

車輌プロフィール

スカイウェイブ650は、2002年6月に発売された大型二輪のスクーター。エンジン排気量は638ccで、量産スクーターとしては(当時)世界最大のものだった。また、自動変速機には、量産車として初めて電子制御式のCVTを採用。走行状況に応じて変速パターンを切り替えることが可能だった(手動5段変速機構も選択可能)。車格(サイズ)のイメージどおりの重量級ながら、750ミリの低シートは助けになった。翌2003年にはスズキの二輪事業50周年を記念した特別仕様車が設定され、2004年には上級モデルとしてスカイウェイブ650LXが設定された。標準モデルとの差異は、ABSを標準装備し、サイドミラーが電動格納式になったこと。タンデムライダー用の背もたれも備えられた。ここから数年間は、スタンダードモデルとLXが併売されていくが、2009年モデルからは、スカイウェイブ650LXに一本化。スクリーンが電動式になる(2005年)、グリップ&シートヒーターを標準装備する(2009年)などの変更は受けたが、基本的な仕様やデザインに変更が加わることはなく、生産が続けられた。なお、スカイウェイブ650の名称は、日本国内向けのものであり、海外市場では、「バーグマン650」として販売された。2010年代になり、日本国内でも「バーグマン」シリーズが展開されるようになったが、その後も「スカイウェイブ」として販売された(2018年 生産終了)。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す