バイクカタログ情報(ホンダ(HONDA)Dio)

掲載台数 1,786

キーワード検索

ホンダ(HONDA)Dioのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
5.5 〜 12

車輌プロフィール

ホンダの原付スクーターである「ディオ」は、1988年にスタートし、生産が続けられたシリーズだった。そのモデルヒストリーの中で、単に「ディオ」を名乗ったのは、1988年に登場した2ストエンジン車のディオと、2003年に発売された4ストエンジン車のディオ。それ以外のディオは、ライブディオなど「○○ディオ」、ディオチェスタなどの「ディオ〇〇」、ディオ110のような排気量表示付きだった。この項は、単にディオを名乗ったモデルについて構成した。1988年1月に登場したディオは、この名を名乗った最初のモデル。排気量49ccの空冷2スト単気筒エンジンを、メットインを可能としながらもスポーティなルックスのボディに搭載したスクーターだった。90年モデルでマイナーチェンジを受け、エンジン出力を向上させ、タイヤはチューブレスタイプになった。その後、2世代目のスーパーディオにモデルチェンジした。それから10年以上を経て、再び「ディオ」が登場。当時は、4世代目のスマートディオがラインナップされていたが、4ストロークエンジン搭載などによるコスト上昇によって、スマートディオの標準モデル価格は、15.9万円まで上昇していた。そこで、新しいディオでは、生産拠点をトゥデイと同じ中国の新大洲本田に移管して、4万円安の11.9万円(登場時)のプライスタグを付けることに成功していた。エンジンは、トゥデイと同じ強制空冷式の4スト単気筒OHC49ccユニット。安価ながら前後連動のコンビブレーキを搭載した。2008年モデルでフューエルインジェクションを搭載。2014年モデルまでラインナップされた。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す