バイクカタログ情報(ドゥカティ(DUCATI)Streetfighter 848)

掲載台数 1,817

キーワード検索

ドゥカティ(DUCATI)Streetfighter 848のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

ストリートファイター848は、2012年のニューモデルとして登場した。2009年から続いていたストリートファイター・シリーズ第3のモデルで、先行した2モデルがスーパーバイク1098をベースにしていたのに対し、ストリートファイター848は、スーパーバイク848EVO(848の進化版)ベースのパワーユニットを搭載したミドルクラスのストリートファイターだった。排気量849ccの水冷Lツイン4バルブユニットは、スーパーバイク用と仕様が異なり、バルブのオーバーラップ角(吸気と排気バルブが同時に開いているタイミングで、クランクの回転角度で表す)を抑えることで低中速域重視とした「テスタストレッタ11°(イレブンディグリー)」を採用。フレームはストリートファイター848専用設計。キャスター角は、848EVOと同じ24.5度設定ながら、スイングアームの延長にうよってホイールベースは848EVO比+45ミリの1,475ミリ設定になっていた。なお、1098ベースのストリートファイター/Sでは乾式だったクラッチは、湿式を採用。フロントフォークはマルゾッキ製、リアショックはザックス製の、ともにフルアジャスタブルサスが用いられていた。トラクションコントロールは標準装備。2015年モデルを最後にラインナップから外れ、ストリートファイター・シリーズは終了したかに思われたが、2019年にパニガーレV4をベースにしたストリートファイターV4プロトタイプが登場し、この年のパイクスヒーク・ヒルクライムに参戦。同じ年の10月に、2020年の新型として市販モデル(ストリートファイターV4/S)が発表された。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す