バイクカタログ情報(カワサキ(KAWASAKI)KX250)

掲載台数 1,799

キーワード検索

カワサキ(KAWASAKI)KX250のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

KX250は、もともとは2ストロークエンジンを搭載したモトクロスレーサーとして、1975年の初代モデルから30年以上にわたって生産されてきたモデルだった。モトクロスレースでも4ストロークエンジンが主流になると、2スト250ccに相対する4スト450ccのマシンとして、KX450Fを投入し、2ストエンジンのKX250は2008年モデルを最後にカタログ落ちとなった。しかしながら、2019年モデルで、同じ「KX250」の名称を持つモデルが登場。2019年新型のKX250は、2ストではなく、4ストエンジンを搭載するモトクロスレーサーだった。つまり、2018年モデルまでのKX250Fから「F」の文字が外されて、「昔の名前」に戻ったということになった。そのため、2019年モデル以降のKX250は、KX250F(2004~2018年)の後継モデルということになる。2020年モデルで全面変更を受け、改名2年目にして、本当に新型モデルとなった。エンジンのボア×ストロークを、従来型よりもビッグボア・ショートストローク化させることで、より高回転重視のエンジン特性を得ていた。また、KX450が2019年モデルで採用したフィンガーフォロワーロッカーアームを、KX250でも採用。また、スタートダッシュを決めるためのローンチコントロール装備や、付属のカプラーを差し替えることで、エンジンマッピングを3パターンに変更できたのも、KX450ゆずりだった。2021年モデルでは、セルフスターターと油圧クラッチを装備し、エンジンのレブリミット(許容最高回転数)を350rpm(毎分回転)向上させるなどの変更を受けた。※KX250は一貫して競技専用モデルであり、公道走行不可
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す