バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)GEAR Parking Stand)

掲載台数 1,809

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)GEAR Parking Standのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

1994年に発売されたギアは、主に小口の宅配用途を想定したビジネススクーターだった。そのギアに設定された「パーキングスタンド標準装備モデル」が、ギア パーキングスタンド仕様(BA50S)。ギアが開発されたとき、実際に宅配業務に用いるであろう人たちの中に、パート主婦や学生アルバイトを想定しており、たとえば女性が、荷物を積んだ状態で、メインスタンド(センタースタンド)を持ち上げるのは難しくても、より容易な方法で、車体を直立させたまま駐車することが可能なようにと設けられた機能、それが「パーキングスタンド」だった。その操作方法は、乗車したまま、フットボード(フートボード)のレバーを踏み下ろすのみ。サイドスタンドでは、車体が傾くため荷崩れしてしまうことがあり、そんなときに利便性の高い装備だった。見た目やその他の装備は、ギアとほとんど同じながら、積載のことをより考慮したモデル。2008年にフルモデルチェンジを受け、従来の空冷2ストロークエンジン(49cc)に代えて、水冷の4ストロークエンジン(49cc)を搭載(BX50S)。96年登場のニュースギアとともに、ギア・シリーズを構成しながら、2015年、2017年とマイナーチェンジを受けつつラインナップされていった。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す