バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)YZF-R125)

掲載台数 2,106

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)YZF-R125のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
51.7
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

YZF-R125は、2023年10月に、日本国内で「新発売」された「YZF-R」シリーズの最小排気量モデル。水冷単気筒の124ccエンジンを登載し、前後17インチホイールを採用した「フルサイズ」のロードスポーツだった。YZF-R125は、もともと海外市場で長くラインナップされており、初代モデルの登場は、2008年のこと。同時代のYZF-R6がスタイリングモチーフで、スチール製デルタボックスフレームと水冷4スト単気筒SOHC4パルブエンジン、フューエルインジェクションは専用設計。ゆとりあるライディングポジションに加え、エンジンパワーもストッピングパワーもクラストップクラスの性能を誇っていた。数次のモデルチェンジのあと、2019年モデルで一新され、124ccの水冷単気筒エンジンには可変バルブシステム(VVA)が組み込まれた。スタイリングは、同時代のYZF-Rシリーズの上位モデルを強く意識したデザインに変更された。このころ日本市場へも「逆輸入」されていたこともあったが、正規導入はなし。欧州では、A1ライセンス(※)に適合したヤマハ・スポーツバイクのエントリーモデルとして位置付けられた。2021年モデルで、欧州規制のユーロ5に適合した。2023年モデルで新型となり、フロントマスクが、同時代の大排気量YZF-Rシリーズ(2気筒のYZF-R7など)に共通するデザインとなった。また、トラクションコントロールを備え、メーターはフルカラー液晶となった。2023年3月のモーターサイクルショー(大阪/東京)で、YZF-R125の国内発売が発表され、同年10月、ヤマハにとって久しぶりの原付2種スポーツとして、カタログラインナップに加わった。但し、同時代の欧州市場で販売されていたYZF-R125と、日本向けモデルは異なっていた。日本向けのYZF-R125は、同時期に国内発売されたYZF-R15(155cc)に124ccのエンジンを登載したものだった。※A1ラインセンス所有者は、排気量125cc以下/最高出力11kW(15PS)以下の二輪車を運転可能
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す