バイクカタログ情報(ホンダ(HONDA)VFR1200X・Crosstourer/DCT)

掲載台数 1,796

キーワード検索

ホンダ(HONDA)VFR1200X・Crosstourer/DCTのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

2014年2月に国内発売されたVFR1200Xは、2012年から海外市場で販売されていたモデルを国内導入するかたちでラインナップされた、ON/OFF走行可能なクロスオーバーモデルだった。搭載されたエンジンは、排気量1,236ccの水冷V型4気筒で、有段式の自動変速機であるDCT(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされていた。VFR1200Xは、その名称からも分かるように、2010年に登場したスポーツツアラーのVFR1200F(DCT搭載モデル)のエンジンとミッションを採用したバリエーションモデルであると言えた。この国内向けモデルには、ABSやETC車載器、グリップヒーターなどが標準装備されていた。なお、ホンダによって国内向けモデルが設定される前の2012年6月から、株式会社M-TEC(かつて無限と呼ばれていた会社)によって、特別仕様車(VFR1200X/XD MUGEN)が販売された。海外向けのモデル名は「クロスツアラー」で、仕向地によってはVFR1200X名も使われた。2016年モデル(海外向け)では、スクリーンが変更され、ユーロ4規制にも適合した。[追記]AT限定大型二輪免許は、2019年12月1日から施行された道路交通法施行令の一部改正に伴い、従来の「総排気量0.650リットル以下」という限定が撤廃され、排気量の上限なく、クラッチ操作を必要としない車両を運転することが可能になった。すなわち、VFR1200X(クロスツアラー)のDCT搭載モデルは、AT限定免許で運転することが可能になった。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す