バイクカタログ情報(ドゥカティ(DUCATI)Scrambler DESERT SLED)

掲載台数 1,786

キーワード検索

ドゥカティ(DUCATI)Scrambler DESERT SLEDのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

2014年に発表され、2015年モデルからスタートしたドゥカティ スクランブラー・シリーズ。モンスター796用ベースの空冷Lツインを搭載した、ドゥカティのニューラインだった。モンスターやムルティストラーダなど他のシリーズと異なるのは、名称は「ドゥカティ スクランブラー」となっていたこと。ドゥカティの一部ではあるものの、ライフスタイルの提案などを含めて、独立したブランドとされていた。ドゥカティ スクランブラーのオフロードイメージモデルは、「アーバンエンデューロ」が担ってきたが、2016年のEICMA(ミラノショー)で、この「デザートスレッド」が発表されたことで、主導権はデザートスレッドの手中に渡った。フロントホイールは19インチ化され、サスストロークも延長され、ブロックパターンのタイヤを装備していた。800ccのドゥカティ スクランブラーは、2019年モデルでアップデートされた。新型では、コーナリングABSが装備されるなどの変更を受けた。また、メーターには燃料計やシフトポジションの表示も加わった。スタンダードのアイコンに続き、2018年10月のインターモト(ケルンショー)で新型デザートスレッドも発表された。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す