バイクカタログ情報(ビーエムダブリュー(BMW)C650GT)

掲載台数 1,809

キーワード検索

ビーエムダブリュー(BMW)C650GTのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

BMWのC650GTは、2011年11月に発表された大型スクーター。BMWでは「マキシスクーター」と呼称した。同じタイミングで、C600スポーツも登場し、BMWは、新たに参入したオートマチックトランスミッションの大型アーバンモビリティカテゴリーに、2機種を同時投入したことになった。日本市場では、2012年11月から(2013年モデルとして)発売された。なお、C650GTと、C600スポーツは、車名の「数字」が異なるものの、両車ともに排気量647ccの水冷4スト並列2気筒DOHCエンジンを搭載していた。C650GTのモデルキャラクターは、与えられた「GT(グランドツーリング)」の名に端的に表されていたように、パッセンジャーも含めた乗員に対して、より快適な長距離走行を可能ならしめることにあった。そのために、アップライトで直立した乗車姿勢ができるように、ハイ・ハンドルバーとシート(調整式バックレスト付き)を備え、パッセンジャー用のフットレストを装備し、大型のウインドシールドは、電動での調整も可能だった。また、グリップヒーターだけでなく、シートヒーターも装備した。2016年にはマイナーチェンジを受け、このタイミングでC600スポーツは、C650スポーツに改称。C650GTは、車体後部のカウルとライトのデザインが変更され、サイレンサーも新しくなっていた。また、新たにASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール)を採用した。ASCは、駆動輪(リアタイヤ)の空転を検知して、トラクションを制御するというもの。同時にCVT(無段変速機)やサスペンションも見直され、サイドミラーは振動を軽減する新設計のものにチェンジされた。※日本では、2017年9月1日出荷以降のモデルにETC車載器が標準装備された。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す