バイクカタログ情報(ビーエムダブリュー(BMW)K1600GT)

掲載台数 1,791

キーワード検索

ビーエムダブリュー(BMW)K1600GTのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

K1600GTは、2010年秋にドイツ本国にて発表されたツアラーモデル。最大のトピックは直列6気筒エンジン(排気量1,649cc)が採用されていたことで、発表前から「コンセプト6」という名称で開発を発表していた新型エンジンが、市販モデルに搭載されたことを意味していた。6気筒エンジンをバイクに搭載するという試みは、カワサキのZ1300やホンダのCBX(1000)などでトライされてきたが、結局は、水平対向6気筒エンジンのホンダ・ゴールドウイング(GL1500/1800)がロングセラーになりえたのみ。そんな中でBMWが(Z1300やCBXと同じ)直列6気筒レイアウトを採用したことは、大きな話題となった。しかし、BMWの四輪車においては、直列6気筒こそがアイデンティティであり、その滑らかな回転から「シルキーシックス」と称される象徴性を持つものだった。なお、Kシリーズ(BMWの直列エンジン搭載ラインナップ)の前身は、4気筒のK1300シリーズだが、K1600GTの6気筒エンジンは、K1300のそれよりも全幅で8cm、重さで17kgしか増加していなかった。他社が1970年代後半にトライした直列6気筒よりも、非常にコンパクトに設計できていた。K1600GTの登場については、ついついエンジンのレイアウトそのものが話題になりがちだが、本来は、BMWにとって、長距離ツアラーに6気筒が必要だったということが先に来る話。理論上、エンジンの振動を打ち消すことが可能な6気筒エンジンならではのスムーズな回転上昇が、新しいKシリーズに6気筒が求められた理由であった。なお、ドイツ本国では、K1600GTと、ラグジュアリータイプのK1600GTLが同時に発表されたが、日本市場への導入は、K1600GTLから開始され、K1600GTは2012年9月からの発売となった。2017年モデルでは、マイナーチェンジを受け、外観イメージを変えるとともに、リバースアシスト(後退補助機構)などが搭載された。※日本では、2017年9月1日出荷以降のモデルにETC車載器が標準装備された。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す