バイクカタログ情報(カワサキ(KAWASAKI)Ninja H2 SX)

掲載台数 1,642

キーワード検索

カワサキ(KAWASAKI)Ninja H2 SXのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

スーパーチャージャーを搭載し2015年に登場したニンジャH2は、カワサキスポーツを象徴する「Ninja」に、マッハ750由来の「H2」を組み合わせたネーミングに表わされた、桁外れのスーパースポーツとして憧憬の的となったプレミアムモデルとなった。そのニンジャH2に設定された、ツアラーモデルがニンジャH2 SXだった(2018年3月発売)。SXのネーミングは、ツアラー色の強いモデルに対し用いられていたアイコン(日本でのニンジャ1000が、欧州ではZ1000SXと呼ばれていたように)で、H2由来のスーパーチャージド・エンジンは、ツアラーらしく低中速域寄りのセッティングとなっていた。カウルデザインはコンセプトは継承しつつも上下に拡大され、ハンドル位置も少し上がり、タンデムシートを装備した。さまざまな電子デバイスに支えられていたところもH2同様ながら、長距離走行を支える仕様となっていた。上級モデルとして、ニンジャH2 SX SEも同時発売された。2019年モデル限りで一時販売が中断されたが、2022年モデルで、再び登場。2022年でニンジャH2 SXシリーズが新型になった際に、上級仕様のニンジャH2 SX SEと、最上位のニンジャH2 SX SE+(プラスが整理され、かつてベースモデルとして位置づけられたニンジャH2 SXが、SE仕様並みになったというのが再登場の理由だった。そのため、2022年モデルから、コーナリングライトや大きめのスクリーンを備え、クイックシフターやグリップヒーターも標準装備するようになった。但し、2022年モデルの特筆すべき点はそれらではなく、ボッシュ製のアドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム(ARAS)を搭載し、死角検知や前方衝突警告など、4輪車のような安全装置が実現されていた。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す