バイクカタログ情報(カワサキ(KAWASAKI)ZXR250)

掲載台数 1,743

キーワード検索

カワサキ(KAWASAKI)ZXR250のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

1989年にデビューしたZRX250は、カワサキ初の250cc4気筒DOHCエンジンを搭載したフルカウルスポーツだった。ZXR250の登場で、ホンダCBR250R、ヤマハFZR250R、スズキGSX-R250Rと並び、クォーターマルチのライバルモデルが出揃ったことになった。当時の250ccクラスの最高出力(自主規制値)いっぱいの45psを15,000回転時に発生させる高回転型のユニットは、3年後に登場するスポーツネイキッドのバリオスにも使われることになり、バリオス2の生産が終わる2007年まで、カワサキの250cc4気筒車の系譜をつなぐエンジンとなった。89年登場の初期型は、同時期のスーパーバイクレーサーレプリカのZXR750と同じ丸目2灯デザインを受けついだもので、ZXR250にもSPレース仕様となるZRX250Rが設定されていた。また、国内スポーツモデル初となる倒立フォークを採用。前後ラジアルタイヤを履いていた。1991年にフルモデルチェンジを受け、スラント(傾斜)したフロントノーズデザインを採用し、イメージを一新した。92年には、エンジン出力の自主規制値が40psになったのを受けて、-5psとされたが、そもそも15,000回転以上で発揮される最高出力は、一般道ではあまり意味のないものだった。以降、大きな変更はなく、1999年に久しぶりのカラーチェンジを受けたのを最後に、ラインナップから外れていった。カワサキの250ccフルカウルスポーツとしては、2気筒のZZR250(1990~2007年)がZXR250と並走し、その後を、やはり2気筒のニンジャ250R(2008~)が受け継いだが、4気筒モデルはZXR250が最後となっている(2018年現在)。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す