バイクカタログ情報(ハスクバーナ(Husqvarna)VITPILEN 701)

掲載台数 1,817

キーワード検索

ハスクバーナ(Husqvarna)VITPILEN 701のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

2013年にKTM傘下となったハスクバーナは、翌年のミラノショーにロードスポーツのコンセプトモデルとして、ヴィットピレン401を発表。KTM390デュークのエンジンやフレームを用いたカフェスタイルのモデルだった。そのヴィットピレン401とオフロードテイストのスヴァルトピレンが、市販モデルとして発表された2017年のミラノショーで、市販モデルとして発表されたのがヴィットピレン401の大排気量モデル、ヴィットピレン701だった。こちらのエンジンは、KTM690シリーズに搭載されていたLC4(692.7cc水冷単気筒)で、401と同じように、2018年モデルからの販売がアナウンスされた。エンジンやフレームは違えども、デザインの方向性はヴィットピレン401と同じで、その、削ぎ落とせるものは全て落としたようなデザインは、KTM同様にキスカ(KISKA)の手によるものだった。なお、2017年のミラノショでは、スヴァルトピレン701も発表されたが、こちらはまだコンセプトモデル扱いだった(2018年のミラノでスヴァルトピレン701市販モデルも発表された)。ヴィットピレン701の2020年モデルでは、それまでのキャストホイールにかえて、ワイヤースポークのホイールを採用した。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す