バイクカタログ情報(スズキ(SUZUKI)BURGMAN 400)

掲載台数 1,678

キーワード検索

スズキ(SUZUKI)BURGMAN 400のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
79.92 〜 84.7
中古車価格帯
50 〜 61.99

車輌プロフィール

2017年8月に発売された2018年モデルを初期型とするバーグマン400は、1998年から約20年のモデルヒストリーをつむいできたスカイウェイブ400がフルモデルチェンジすることで誕生したニューモデルだった。都会の男を意味する「バーグマン」というモデル名は、海外市場で用いられてきたスズキスクーターのグローバルネームであり、日本国内では、2014年にリリースされたバーグマン200に続く採用となった。そのため、新型モデルとはいっても、スカイウェイブ400との連続性を排除することはできなかった。それは、スズキのプレスリリースにも見えており、「クッションを20mm厚くすることで快適性を向上させたシート~」「15インチに大径化したフロントホイール~」など、スカイウェイブ400ありきの表現が複数存在していた。なお、最終型スカイウェイブ400のフロントは14インチだった。バーグマン400は、2眼ヘッドライトとリアのコンビネーションランプにLEDを採用し、ハンドル右下には12V電源ソケットを備えていた。日本国内向け2019年モデル、2020年モデルはカラーリング変更のみ。2021年3月、欧州向けに発表されたモデルでは、マイナーチェンジを受け、排出ガス規制のユーロ5に適合するとともに、エンジンはツインプラグ化された。また、トラクションコントロールも装備した。日本市場ではこの年の7月に発売された。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す