バイクカタログ情報(スズキ(SUZUKI)Grasstracker)

掲載台数 1,790

キーワード検索

スズキ(SUZUKI)Grasstrackerのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
16.2 〜 23.99

車輌プロフィール

2000年4月に発売されたグラストラッカーは、249ccの空冷4スト単気筒エンジンを搭載した、「1970年代のアメリカでの草レースで走っていたようなバイク」として登場した。2000年当時、国内バイク市場では「トラッカーカスタム」と呼ばれたスタイルが人気を集めており、ブームの先駆けだったヤマハTW200のカスタムスタイルが、不要なものを取り外した(シート下のバッテリーさえも外した)「スカチューン」を中心にしていたことから、グラストラッカーも、必要最低限の装備だけでシンプルにまとめられていた。なお、初期型に搭載されたエンジンは、ボルティー用の空冷単気筒SOHC4バルブ。翌2001年にはバリエーションモデルとして大径タイヤを履いた「グラストラッカービッグボーイ」を発売。以後、両車はシリーズとしてモデルヒストリーを重ねていった。最初のモデルチェンジは2004年4月。ボルティーがST250に移行するなかで、グラストラッカーシリーズが搭載するエンジンも、ST250用の空冷単気筒SOHC2バルブエンジンにチェンジされた。外観上でもエキパイの取り回しから見てとれる。2008年9月には、フューエルインジェクションを搭載。この際、燃料タンクの容量が、8.4リッターに増えてもいた(従来型は6リッター)。この後はカラーチェンジのみを重ね、2014年の変更を最後に、平成28年排出ガス規制をクリアせずヒストリーを終えた。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す