バイクカタログ情報(スズキ(SUZUKI)GSX-R400/SP)

掲載台数 1,781

キーワード検索

スズキ(SUZUKI)GSX-R400/SPのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

GSX-Rは、1984年に発売された、4ストエンジン搭載のレーサーレプリカ。前年の83年2月に、2ストレプリカのRG250ガンマが、市販車初のアルミフレーム車として登場し、人気モデルとなっていた中での登場だった。この項では、モデル名を「GSX-R400」としているが、84年の段階では、「GSX-R」がモデル名で、排気量クラスを表す数字はない。これは、排気量の大小に影響されないスポーツバイクであることを意図したものだった。エンジンは、398ccの水冷並列4気筒DOHCユニットで、ホイールサイズはフロント16インチ、リア18インチだった。最初のモデルチェンジは1986年で、この年、カウルを一新するとともに、ホイールを前後とも17インチに変更。エンジンは、シリンダーボアを拡大してショートストローク化をはかり、水冷と空冷と油冷を併用する「SATCS」という独自の冷却方式を採用した。87年6月には再びモデルチェンジを受け、モデル名をGSX-R400とした。これに先立つ3月に、GSX-R250が新登場しており、混同が避けられたもよう。スポーツプロダクションレース用のSPも設定された。88年には、エンジンの冷却方式を水冷式に戻した。SPも引き続き設定された。89年からは、名称をGSX-R400Rに改め、90年代半ばまでラインナップされた。※GSX-R400Rは別項
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す