バイクカタログ情報(スズキ(SUZUKI)BANDIT 1250S)

掲載台数 1,809

キーワード検索

スズキ(SUZUKI)BANDIT 1250Sのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
55

車輌プロフィール

2007年3月に発売されたバンディット1250Sは、前年まで販売されていたバンディット1200Sの後継モデル。車名の数値が50アップしたことから明らかなように、排気量はバンディット1200よりも拡大されていた。実際は、1,156ccから1,254ccになっているので98ccの拡大なのだが、このモデルチェンジ、名称変更のもっとも大きなポイントは排気量の拡大ではなく、エンジンの冷却方式が変更されたこと。これまでの油冷式から水冷式に改められていた。基本的な構成は、バンディット1200時代と大きく変わってはいないが、水冷エンジンの搭載にあわせてダブルクレードルフレームのダウンチューブを10%大径化することで剛性を上げ、ミッションは5速から6速になった。また、今回のモデルチェンジの目的が、平成19年排出ガス規制に適合するためでもあり、燃料噴射装置はキャブレターからフューエルインジェクションに変更されていた。なお、同じタイミングでネイキッド仕様のバンディット1250も発売されており、ハーフカウルのS、無印のネイキッドという構成も、GSF1200/S、バンディット1200/Sから引き継いでいた。ハーフカウルの形状は、前身のバンディット1200Sが2006年にモデルチェンジした際のものを採用していたが、2015年には、サイド部分をラジエター側面まで延長したものに変更された。モデル途中の2010年には、フルカウル装備のバンディット12050Fも追加され、そこから先はネイキッド仕様の終了により、バンディット1250は、ハーフカウルのS、フルカウルのFという2本立て構成になっていた。2016年モデルまで設定され、2017年9月からの平成28年排出ガス規制に適合することなく、約10年間のモデルライフが終了した。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す