バイクカタログ情報(スズキ(SUZUKI)TEMPTER 400)

掲載台数 1,703

キーワード検索

スズキ(SUZUKI)TEMPTER 400のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

スズキ・テンプター400は、1997年に発売されたトラディショナルスタイルのロードスポーツモデルだった。空冷単気筒エンジンを搭載する400ccスポーツとしては、SR400(ヤマハ)というロングセラー(1997年当時でも、登場から20年弱が経過)が存在していたが、その向こう正面を張るかたちでの登場だった。排気量396ccの空冷単気筒OHCエンジンは、競合のSR400がわずかに前傾するかたちで搭載されていたのに対し、テンプターでは「直立」しており、どこか古い英国車のようだった。始動はキック式ではなくセルフスターターで行うかたち。5段ミッションを組み合わせ、前後のブレーキはドラム式(前輪はツーリーディング式のドラム)だった。なお、車名の由来は、英語のtempt(誘惑する)から。erが付いて「誘惑する者」という意味で、そんな魅力的なバイクであることを表していた。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す