バイクカタログ情報(スズキ(SUZUKI)choinori)

掲載台数 1,799

キーワード検索

スズキ(SUZUKI)choinoriのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

2000年代初頭、中国を中心とするアジア圏から、廉価なスクーターが輸入販売されるようになった。ホンダは、生産を中国に移管して、車両価格10万円を切る価格を実現(トゥデイ)したが、スズキのとった策は、より大胆なものだった。その結果が、チョイノリ。2003年2月に発売されたチョイノリは、「ちょい乗り」をそのまま車名に用いたもの。スクーターの使い方は、ほんのそこまでの近距離移動が中心だという想定で、機能を割り切って、構造を簡略化して、6万円以下の驚異的なプライスタグを引っ提げての登場だった。そのため、リアサスはなく(固定)で、メットイン機能も、燃料計も存在していなかった。エンジンは49ccの空冷4スト単気筒で、76km/Lという燃費(30km/h定地走行値)を実現。大胆な割り切りによって登場した、異色のスクーターだった。当初はキック始動のみだったが、セル付きも追加され、のちにウインカーをハンドル位置に変更したチョイノリⅡもラインナップされた。なお、チョイノリと同時に発表されたクルマ(軽四輪車)も割り切った仕様で廉価を実現。「ツイン」という車名の通り、2人乗りで、前後長が非常にコンパクトなモデルだった。但し、ツインにはもう一つの顔もあった。それは、軽自動車として初のハイブリッドシステムを搭載した上級グレードも存在していたこと。チョイノリとツインは、スズキによる挑戦的なモデル(高性能化とは違う路線で)として記憶された。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す