バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)CYGNUS GRYPHUS)

掲載台数 1,708

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)CYGNUS GRYPHUSのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

シグナスXの後継モデルとして、2021年12月に発売された、シグナス・グリファス。生産国である台湾では、2020年7月に発表されており、日本市場への導入が待たれていた。前身のシグナスXとの違いは、これまで空冷式だったエンジンが、水冷化されたこと。排気量124.6ccの水冷4スト単気筒SOHC4バルブエンジンには、VVA(可変バルブ機構)も搭載されていた。小回りの利く前後12インチホイール採用は変わっていないが、シグナスX(2020年モデル)よりも、車体サイズはやや大柄になり、ホイールべースは、35ミリ延長された1,340ミリになっていた。また、前後12インチのホイールに組み合わされたタイヤ幅は、シグナスXの前110/後120ミリから、前120/後130ミリへとサイズアップ。スクーターながら、デジタル式のタコメーター(まるで道路のような)も表示され、フロントポケットにはUSBソケット(当時スマートフォンと称された携帯式情報端末の充電に使える)も装備された。なお、登場時の日本仕様にはABSは搭載されず、前後連動式ブレーキ(ユニファイドブレーキシステム)が採用されていた。発売翌年の2月には、ロードレース世界選手権(2021年現在でのMotoGP及びその前身)への参戦60周年を記念した特別カラーモデルも発売された。※台湾発表時からしばらく、本サイトでは「シグナス グリフィス」と表記していたが、ヤマハからカナ表記が発表されたことを受けて、グリファスに訂正した。GRYPHUSは、コンドル科猛禽類の学名。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す