バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)XT600Z Tenere)

掲載台数 1,803

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)XT600Z Tenereのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

XT600Zテネレは、1988年に発売されたビッグオフローダー。595ccの空冷4スト単気筒SOHC4バルブエンジンを搭載し、XT600テネレ(1983年-)の後継モデルにあたる、パリダカールラリー参戦をイメージしたマシンだった。とはいえ、当のパリダカは高速レース化が進み、ヤマハも2気筒エンジンへと軸を移さざるをえない時期でもあったため、パリダカ参戦マシンの印象は、翌89年登場の2気筒エンジン車、XTZ750スーパーテネレに色濃くなっていった。とはいえ、XT600Zテレネの特徴でもあるハーフフェアリングとウインドスクリーンの装備は、以降の「テネレ」名モデル共通の仕様となっていった(2019年登場のテネレ700まで)。XT600テネレとの違いは、ハーフフェアリングの有無だけではない。後輪にもディスクブレーキを採用した。燃料タンク容量は、23リッターになった。1990年にグラフィック変更を受けたのち、91年には、659ccの水冷単気筒SOHC5バルブエンジンを搭載するXTZ660テネレへとバトンタッチした。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す