バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)XT600 Tenere)

掲載台数 1,788

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)XT600 Tenereのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

1982年のパリショーで公開されたXT600テネレは、595ccの空冷4スト単気筒SOHC4バルブエンジンを搭載したビッグオフローダーだった。発売は1983年モデルから。以降、21世紀まで続く「テネレ」名モデルの始祖となったが、そもそも、XT600テネレの開発は、アフリカの砂漠を舞台としたパリダカールラリーへ参戦するためのマシンを目的としたもの。テネレとは、砂漠の民トゥアレグ族の言葉で、「何もない場所」=砂漠を意味してた。当時、パリダカをはじめとしたラリーレイドの人気は、欧州、なかんずくフランスで高く、XT600テネレも人気モデルとなった。見るからに巨大なタンク容量は30リッター。フロントのディスクブレーキは、ヤマハ製オフロードバイクとして初採用だった。86年のマイナーチェンジで、セルフスターターを装備。つまり、初期型は、キックのみだったことになる。1988年には、後継モデルとなるXT600Zテネレへとバトンを渡した。XT600Zテネレは、ハーフフェアリングを装備しており、これ以後の「テネレ」は、全てハーフフェアリングを備えることになった。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す