バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)TDR250)

掲載台数 1,745

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)TDR250のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

TDR250は、1988年1月に発売された新しいスポーツモデル。前年(1987年)に行われたファラオラリー(エジプト)でのクラス優勝、直後の東京モーターショーへの参考出品を経ての登場だった。オンロードスポーツとオフロードタイプのクロスオーバースタイルで、搭載されたエンジンは排気量249ccの水冷2スト並列2気筒ユニット。これはレーサーレプリカのTZR250(1985年-)用をベースにしたものだった。320mmの最低地上高、820mmのシート高、ブロックパターンのタイヤという構成ながら、オフロードバイクとくくり切れないのは、ホイールが、フロント18インチ、リア17インチというオンロードスポーツサイズだったから。前後ディスク式のブレーキはディスク式で、そのブロント側には、「バリアブルタッチシステム」が採用されていた。これは、油圧ブレーキのマスターシリンダーとブレーキホースの間に設けたバルブ機構によって、オフロードでのソフトな(ロックしにくい)フィーリングと舗装路での強力なブレーキングを可能にしたものだった。エンジン始動はキック式、ミッションは6段リターン式で、2次減速比を大きくとった加速重視のギア選択がなされていた。同年7月にはTDR50が、9月にはTDR80という小排気量(車体も小さい)モデルも発売された。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す