バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)TDM850)

掲載台数 1,790

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)TDM850のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

TDM850が日本で発売されたのは、1992年3月。欧州市場では91年モデルとして登場し、すでに人気を集めていた「ニューオンロード」モデルの国内導入だった。ここでいう「ニューオンロード」とは、オンロードタイヤを履きながら、サスペンションは長め(最低地上高は高め)で、フェアリングを備えて、市街地(欧州ならではの石畳)からアウトバーン、峻嶮なアルプス山脈などのワインディングロードまでをカバーする多目的でユーティリティの高いモデルのこと。アップライトなライディングポジションと、トルクが厚く、扱いやすいエンジン、ワイドレシオな5速ミッションをはじめ、ツーリングバイクとしての機能性の良さが、TDM850の特徴だった。その扱いやすいエンジンは、XTZ750スーパーテネレ用(749cc)をベースに、ボア・ストロークを拡大して849ccとした水冷4スト並列2気筒DOHC5バルブユニットで、デルタボックスフレームに前傾して搭載されていた。TDM850の特徴的な2眼ヘッドライトを含めたハーフフェアリングはフレームにマウントされた。モデルチェンジは1回のみ。欧州では1996年で、日本では1998年ながら、その内容は同じ(日本向けが遅れただけ)。外観イメージを一新するとともに、TRX850と同じ270度クランク採用のエンジンを搭載し、前後にラジアルタイヤを履いていた。99年のカラーチェンジを最後に、日本ではラインナップ落ちした。後継モデルは、TDM900だが、海外専用モデルとなり、日本での正規販売はなかった。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す