バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)SCR950)

掲載台数 1,799

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)SCR950のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
74.5

車輌プロフィール

SCR950は、BOLT(ボルト)をベースモデルにしたレトロスクランブラーとして2017年5月に発売された。そのスタイルモチーフは、1960年代、オフロード専用バイクが登場する以前に、荒地走行を目的にした「スクランブラー」カテゴリーのモデル。アメリカンボバースタイルのボルトのメインフレームを受け継ぎながら、リアフレームを独自設計として、スクランブラーらしい長くてフラットなシートを備え、幅広のバーハンドルを装備して、ボルトとはまるで違うスタイルを実現していた。941ccの空冷60°V型2気筒エンジンはボルトゆずり。ベルト駆動、5段ミッションのギア比などもボルトと同じだった。ただし、リアホイールは、ボルトの16インチに対して、SCR950は17インチ。メーカーのモデル設定では、スクランブラーとなってはいたものの、マフラーはアップタイプでもないので、一見するとトラディショナルなロードスポーツ風(SR400に近いような)ともいえた。発売後、モデルチェンジや色変更などを受けることなく、2019年に生産が終了した。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す