バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)CHAPPY 50)

掲載台数 1,787

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)CHAPPY 50のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

チャピィは、1973年に発売されたヤマハレジャーバイクだった。この年の春には、ジッピィが発売されており、それに続く第二弾というかたちで、先行したジッピィが、極太のリアタイヤを備えたサンドバギーのような構成だったのに対し、チャピィは、ちょっとそこまで行くときに、気負いなく乗れるようなバイクだった。そんな雰囲気は、登場時のキャッチコピー「赤くて、小さくて、かわいい」にもよく表れていた。エンジンは、49ccの2スト単気筒で、自動遠心クラッチの2速ミッション(自動変速)が組み合わされ、ホイールは前後とも8インチサイズだった。翌74年には、手動クラッチ&4段変速仕様車も追加され、その後、自動遠心クラッチ&3段変速仕様(変速操作は必要)も設定された。1979年11月発売の80年モデルからは、電装系が強化されるとともに、角型ヘッドライトを採用した。なお、チャピィは、後年、「チャッピー」や「チャピー」と呼ばれることが多くなるが、正式な車名は、促音(ッ)はなく、音引き(ー)でもなく「チャピィ」が正確。音引きなしは、ジッピィやボビィでも同様だった。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す