バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)ZeaL)

掲載台数 1,784

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)ZeaLのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

1991年に登場したジール(ZeaL)は、4ストレプリカであるFZR250ゆずりの249cc水冷直列4気筒DOHCエンジンを搭載したネイキッドモデルだった。その点では、バリオス(カワサキ)やバンディット(スズキ)、ジェイド、ホーネット(ホンダ)など、250ccクラスの直4エンジン搭載ネイキッドと並ぶべきモデルであるのだが、ジールは、「人に優しく、人に易しい」をコンセプトに登場したモデルだけに、初心者向けのイメージが強かった。実際に、シート高は735ミリと低く、レーサーレプリカゆずりのエンジンも、バルブタイミングの変更などで、扱いやすい低速重視の特性に変更されていた。GKダイナミクスによるデザインは、「ジャンプするイルカ」がイメージされたもので、ラウンドしたテールカウルは、ジールに柔らかい印象を与えていた。また、タンク前部には小物入れが備わり、6速に入ると、メーターのインジケーターランプが点灯した。92年にはクオリティアップを目的にマイナーチェンジを受け、2本出しのマフラーなどがメッキ処理され、フロントフォークのアウターチューブはバブ仕上げとなった。ちなみに、ZeaLとは「熱中する」という意味で、バイク本来の楽しさを堪能できることを表現していた。なお、ZeaL(末尾のLが大文字)と表記しているのは誤植ではなく、これが正式な車名表記だった。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す