バイクカタログ情報(ヤマハ(YAMAHA)WR450F)

掲載台数 1,791

キーワード検索

ヤマハ(YAMAHA)WR450Fのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

WR450Fは、主に日本国外で販売されてきたエンデューロレース用マシンだった。しかしながら、2012年から数年間のみ、日本国内仕様が設定され、公道走行不可の競技専用モデルとして販売されたことがある。国内仕様が発表さらたのは、2012年4月。この年の10月までの期間限定受注生産車としての販売だった。仕様は欧州などに向けたWR450Fと同じで、449ccの水冷4スト単気筒DOHCエンジンをアルミ製のフレームに搭載。エンジンのバルブは、吸気3本+排気2本の5バルブが採用され、フレームはモトクロスレーサーのYZ250F(2012年型)と同時に開発されたものだった。2014年12月には、グラフィックパターンを変更した2015年モデルが、やはり期間限定で販売され、日本国内向けの最終仕様となった(2018年現在)。その後も海外では販売が継続され、2016年モデルでは4バルブ化され、2018年モデルからはセルフスターターのみとなり、2019年モデルでは外観イメージが一新され、2021年モデルではフルモデルチェンジを受けた。なお、ヤマハのオフロードモデルに用いられる名称において、「WR」はワイド・レシオを意味し、エンデューロ用モデルであることを示していた。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す