バイクカタログ情報(アプリリア(aprilia)RS125)

掲載台数 1,694

キーワード検索

アプリリア(aprilia)RS125のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

アプリリアRS125は、もともと、125ccの2ストローク単気筒エンジンをアルミツインスパーフレームに搭載したフルカウルスポーツだった。1990年代後半から、日本メーカーが2ストエンジンモデルの廃止を行ない、レーサーレプリカモデルもカタログ落ちしていく中で、アプリリアは21世紀に入っても、RS125や250、50をラインナップしていた。2006年のモデルチェンジでは、カウルデザインをRSV風タイプに改めた。以降も販売は継続され、後継モデルは、4ストロークエンジン搭載のRS4 125(2011年に2012年モデルとして登場)となった。そのRS4 125としてモデルライフを継続する中で、2021年モデルとして、再び「RS125」のモデル名が復活。とはいえ、それはRS4 125がモデルチェンジを受けた際に、4ストロークエンジンを表していた「4」が除かれたことによるもので、(2ストエンジンの)RS125、その後継車としてののRS4 125、そして2021年からのRS125というのが、系譜になった。排気量124.2ccの水冷4スト単気筒DOHCエンジンは、欧州のA1ライセンス向け車両上限いっぱいの11kW(15PS)を発生。そのパワーユニットをアルミフレームに搭載し、6速ギアボックス、倒立フォーク、前後ディスクブレーキなどを装備。フェアリングデザインは全身のRS4 125のイメージを踏襲しつつ、同時代の上位モデルRSV4に近いものとなった。ヘッドライトはLEDを採用。※日本市場未導入
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す