バイクカタログ情報(アプリリア(aprilia)MANA850)

掲載台数 1,793

キーワード検索

アプリリア(aprilia)MANA850のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

アプリリア・マーナ850は、2008年に発売されたスポーツネイキッド。見た目は、文字通りのスポーツバイクなのだが、搭載するトランスミッションは、CVT式の自動変速。そのため、クラッチレバーはなく、スクーターのようにアクセル操作ひとつで加速することができた。また、マニュアル変速も可能で、モードを切り替えれば、シフトアップ/ダウンを、ハンドルのスイッチで行うこともできた。日本の二輪免許には、2005年からAT限定条件付きが設定されており、排気量400ccを超える大型バイクにも、AT限定免許が設定されておたが、マーナ850は、クラッチレスのオートマチックミッションであっても、AT限定免許では運転することができなかった。これは、搭載する水冷VツインSOHC4バルブエンジンの排気量が、839.3ccだったため。AT限定の大型二輪免許には「総排気量0.650リットル以下」という条件も付されていたからだった。オートマチックモード時に有効なライディングモード選択機能も搭載していた(ツーリング/スポーツ/レインから選択可能)。派生モデルとして、2010年には、ハーフカウル付きのマーナ850GTもラインナップされた。なお、マーナ850は、NA850マーナと称されることもあるが、ここではマーナ850で通した。[追記]AT限定の大型二輪免許は、2019年12月1日から施行された道路交通法施行令の一部改正に伴い、従来の「総排気量0.650リットル以下」という限定が撤廃され、排気量の上限なく、クラッチ操作を必要としない車両を運転することが可能になった。そのため、マーナ850は、発売10年を経てAT限定二輪免許で運転することができるようになった。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す