バイクカタログ情報(トライアンフ(TRIUMPH)Bonneville)

掲載台数 1,789

キーワード検索

トライアンフ(TRIUMPH)Bonnevilleのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

2001年に登場したボンネビルは、トライアンフの歴史を象徴する空冷バーチカルツインエンジンをダブルクレードルフレームに搭載した、モダンクラシックレンジのモデル。「現代のクラシックモデル」としてのモチーフは、1959年に発売され、当時のハイパフォーマンスモデルとしての名声を博した「T120ボンネビル」。全ての部品は新設計ながら、その雰囲気は踏襲されていた。エンジンの排気量は790ccで、ヘッドはDOHC4バルブ、5速ミッションはTT600用がベースだった。スポークホイールのサイズは前19インチ、後ろ17インチ。翌年には「上級」モデルとしてボンネビルT100が登場。ボンネビルにはないタコメーターが備わっていた。ボンネビルT100は、2005年から排気量を拡大し、865ccになったが、こちらの(素の)ボンネビルは、2007年に865cc化。2008年にはキャブレターに代えて、フューエルインジェクションを備えた。ボンネビルが、モデルとしての性格を変化させたのは、2009年。この年から、ボンネビルはキャスト(金属を鋳造した)ホイールを履くようになり、サイズは前後とも17インチになった(ボンネビルT100は従来通り)。クラシックな雰囲気をいくぶん失うことにはなったが、ホイールサイズのダウンにより、必然的にシート高は低くなり、ハンドルやシートの形状も見直された(価格も引き下げられた。2009年以降のボンネビルは、小柄なライダーにも乗りやすい、トライアンフのエントリーモデルとなり、2015年モデルまでラインナップされた。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す