バイクカタログ情報(トライアンフ(TRIUMPH)Street Triple R/R Low/Rx)

掲載台数 1,787

キーワード検索

トライアンフ(TRIUMPH)Street Triple R/R Low/Rxのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

ストリートトリプルRは、前年に登場したミドル・ネイキッドのストリートトリプルの上位モデルとして、2008年に(2009年型として)発売された。ストリートトリプルが、スーパースポーツ・デイトナ675のカウルレス・タウンユースモデルだったので、ストリートトリプルRは、ストリートトリプルの持つフレンドリーさと、デイトナ675ゆずりの性能を併せ持つことになった。一見、標準モデルと大差ないようにも見えるが、足回りを強化(前後サスをフルアジャスタブルとし、フロントブレーキキャリパーはラジアルマウントに、等)して、ホイールベースやキャスタ角も変更されていた。2013年のモデルチェンジでは、外観を大きく変えるとともに、エンジン性能も大きく向上。そのため、日本では本国仕様のまま販売することができず、専用マフラーを装備して、2014年からの販売開始となった。2015年には、さらにアグレッシブな限定モデル、ストリートトリプルRxがリリースされ、2017年には再びモデルチェンジ。このとき、さらに上級仕様の「RS」が設定され、ストリートトリプルRは、シリーズ中の中間グレードになった。その後、シート高を下げたストリートトリプルRローが設定された。2020年モデルでマイナーチェンジを受け、この年に新しくなっていたストリートトリプルRSと同じ、アグレッシブなデザインに変更され、ヘッドライトはLED化。クイックシフターを標準装備した。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す