バイクカタログ情報(トライアンフ(TRIUMPH)Scrambler)

掲載台数 1,785

キーワード検索

トライアンフ(TRIUMPH)Scramblerのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

2006年に登場したスクランブラーは、1960年代の古き佳き時代のトライアンフ「TRシリーズ」を思い起こさせるスタイルを与えられた、モダンクラシックのニューフェイスだった。ベースは同時代のボンネビルなので、865ccの空冷並列2気筒エンジン。ボンネビルが360度クランクだったのに対し、スクランブラーは270度位相クランクを採用。これは、悪路走破における鼓動感やトラクション性能を追求したためだった。外観上の特徴は、アップマウントされたマフラーと、フラットなシート形状、ワイドハンドル、ブロックパターンのタイヤなどで、全てが未舗装路での走行を前提にしていることに通じていた(シートがフラットだと、シッティングポジションの自由度が高い)。2008年にフューエルインジェクションを採用し、2010年からはタコメーターを標準装備するなどの小変更を受けながら、2010年代半ばまで生産された。2016年にモダンクラシックシリーズが水冷エンジン化されたあと、2017年にスクランブラーモデルも復活。名称を「ストリートスクランブラー」と改めた。※「スクランブラー900」と呼称されることもあったため、併記した。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す