バイクカタログ情報(ホンダ(HONDA)CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES s)

掲載台数 1,786

キーワード検索

ホンダ(HONDA)CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES sのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

CRF1000Lアフリカツイン(2016年-)が、2020年にCRF1100Lアフリカツインへとモデルチェンジしたのと同時に、その「アドベンチャースポーツ」バージョンも、CRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツに変更された。前身のCRF1000Lアフリカツイン アドベンチャースポーツでは、タイプLDというローダウン仕様がラインナップされていたが、「1100」では、その設定がなく、標準仕様のシート高と最低地上高が、そもそも「1000」時代のタイプLDと同じ、830mmと210mmになっていた。つまり、標準仕様がローダウン化されていたことになる。とはいえ、本格的にラフロードを走行するのならば、最低地上高は高いほうが、走破性は向上する。その点をカバーするモデルとして、2020年4月に登場したのが、CRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツES<s>だった。サスペンションストロークを延長した<s>付きモデルの最低地上高は250mmで、標準仕様から40mmアップ。そのぶん、シート高も870mmまで上がっていたが、「アドベンチャースポーツ」が、その真価を発揮するような場面の多くでは、<s>の設定が正解なのは言うまでもなかった。また、モデル名に「ES」の2文字が入っていることからも分かるように、アドベンチャースポーツの<s>は、ショーワ社製電子制御サスペンション・EERA(Electronically Equipped Ride Adjustment)を搭載したモデルにのみ設定された。それら以外は、同年式のCRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツと同じで、ミッションがマニュアル6速または電子制御デュアルクラッチ6速(DCT)の2タイプ設定なのも同一。2019年12月に、日本の二輪免許制度が少し変わり、クラッチレスモデルのDCT搭載タイプは、AT限定大型二輪免許で運転することが可能となっていた。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す