バイクカタログ情報(ホンダ(HONDA)FUSION)

掲載台数 1,786

キーワード検索

ホンダ(HONDA)FUSIONのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
6.8 〜 15.8

車輌プロフィール

フュージョンは、1986年に発売された250ccスクーター。英語で「融合」や「結合」を意味する「FUSION」が与えられたのは、スクーターの気軽さと、クルマの快適さを兼ね備えたモデルとして開発されたから。1.6メートルを超えるホイールベース、大型の段付きシートは、ホンダが先行して販売していたスペイシー250フリーウェイ(後に「フリーウェイ」に改称)とは全く異なるもので、独創性に満ちたスクーターだった。リアシートの後部には、クルマのリアトランクのように開くトランクルームがあり、このトランクの存在が、後に大きな意味を持つことになった。フュージョンは、1994年にシート表皮などが豪華なフュージョンSEを派生させるなどしたが、フォーサイト(97年)、フォルツァ(2000年)と250ccスクーターが増えていく中で、いったんはラインナップから外れていた。しかし、折からの「ビッグスクーター(カスタム)ブーム」の中で、絶版となっていたフュージョンの人気が過熱。スポーツ志向のフォルツァやマジェスティとは異なる独特のスタイルと、「LPレコードが入るリアトランク」が、ポイントだった。2003年から再びカタログモデルとして復活。その際に、あらかじめライトカスタムされたタイプXもラインナップされるようになり、スクーターブーム的モデルになっていった。その後、素の「フュージョン」は2004年モデルまで設定され、フュージョン・シリーズとしては、2006年9月発売のフュージョンSE・20thアニバーサリーまで販売された。平成18年排出ガス規制には適合せず、生産終了。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す