バイクカタログ情報(ホンダ(HONDA)SILVERWING600)

掲載台数 1,786

キーワード検索

ホンダ(HONDA)SILVERWING600のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
31.9

車輌プロフィール

シルバーウイング600は、2001年4月に発売された大排気量スクーター。20世紀末にブームが加速したビッグスクーター(250ccクラス)にフォルツァ(2000年3月)を投入したホンダが、排気量がさらにビッグなスクーターをリリースしたかたちとなった。水冷4スト並列2気筒エンジンの排気量は582ccで、スクーターとして世界最大だった(翌年、638ccのスカイウェイブ650が登場)。流れるようなスタイルの、ゆったりとした車体デザインでありながら、シート高は740ミリに抑えられていた。この年の11月には、排気量398ccのシルバーウイング400が登場するが、このときまで、シルバーウイング600は、単に「シルバーウイング」という車名だった。400ccクラスの登場以降はシルバーウイング〈600〉と正式呼称されていくが、バイクブロスでは、山カッコを省略した。2003年にABSを搭載したモデルが追加設定され、2004年のマイナーチェンジでは、スイッチ操作で中低速域のトルクを増加させる「Tモード」を装備するなどの変更を受けた。この後、2008年モデルまで販売され、平成19年排出ガス規制に適合するためにフルモデルチェンジ。この際、モデル名をシルバーウイングGT〈600〉と改めたため、バイクブロスでは別車種(シルバーウイングGT600)として区分した。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す