バイクカタログ情報(ドゥカティ(DUCATI)Panigale V4)

掲載台数 1,699

キーワード検索

ドゥカティ(DUCATI)Panigale V4のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

パニガーレV4は、1299パニガーレの後継モデルとして、2017年11月開催のドゥカティ・ワールド・プレミア(ミラノショー直前の発表会)で公開された。その特徴は、モデル名が表す通り、V型4気筒エンジンを搭載したこと。851以来のドゥカティ・スーパーバイクシリーズは、「強制開閉バルブのデスモドロミック」「L型2気筒エンジン」「鋼管パイプのトレリスフレーム」を3種の神器としていたが、1199パニガーレ(2012年)からアルミモノコックフレームを採用し、このパニガーレV4ではLツインエンジンも手放したことになる。なお、パニガーレV4用エンジンのVバンク挟み角も、Lツインと同じ90度。なぜL4ではなく、V4を名乗るようになったのかは、エンジンの搭載位置が関係していた。2気筒では、前傾されていたため(横から見ると「L」字型のようだったが、これが後方に大きく傾けられ、「V」字に見えるようになったから。また、1199パニガーレ以来、エンジン本体を構造部材(ストレスメンバー)としていたフレーム構造は、一歩先へ進み、フロントフレームと呼ばれるかたちになった(アルミフレームは、車体の前方とエンジンをつなぐのみ)。新しいV型4気筒エンジンの排気量は、1,103cc。「デスモセディチ・ストラダーレ」と名付けられたのは、2008年に発売されたMotoGPワークスマシンのレプリカモデル「デスモセディチRR」と同じレイアウトのV4エンジンながら、stradale(イタリア語で「道路」。この場合は公道仕様という意)として最適化されていたから。当時のスーパーバイク世界選手権のレギュレーションは「4気筒は1,000ccまで」だったので、1,103ccのパニガーレV4は、そのままレースへの参戦は不可。オーバーした排気量は、公道での扱いやすさを求めたものだった。サスペンションは、フロントがショーワ製、リアがザックス製のフルアジャスタブルタイプで、ヘッドライトがLED化され、さまざまな電子制御装置は、(当時の)最新版へと進化していた。なお、「パニガーレ」という名称は、ドゥカティの所在地、イタリア・ボローニャ州のボルゴ・パニガーレという地名から取られたもの。2020年モデルでマイナーチェンジを受け、パニガーレV4R(2019年)同様の空力パーツ(カウル左右のウイング)を備えた。2021年モデルでは、欧州の環境規制ユーロ5に適合し、トラクションコントロールの制御が向上するなどの変更を受けた。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す