バイクカタログ情報(カワサキ(KAWASAKI)MEGURO K3)

掲載台数 1,634

キーワード検索

カワサキ(KAWASAKI)MEGURO K3のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

メグロK3は、2020年の11月に突如発表され、翌年2月に発売されたロードスポーツモデルだった。目黒製作所のブランド「メグロ」は、日本の大排気量モデルをけん引したが、1960年にカワサキと業務提携したのち、64年に経営統合された。その業務提携から統合にかけてラインナップされたのが、スタミナK1(メグロ)と、カワサキ500メグロK2(カワサキ)だった。このKシリーズは、W1(1966年)へと進化し、いっとき姿を消したのち、W650(1999年)として復活し、W400(2006年)を派生させながら、W800(2011年-)へと続いていった。そして登場したのが、メグロK3。2020年は、目黒製作所との提携から60年という節目でもあった。メグロK3のベースとなったのは、W800の2021年モデルなので、型式もW800と同じ「2BL-EJ800B」。K1から連綿と続いたバーチカルツインエンジンも、W800同様の773ccで、同じダブルクレードルフレームに搭載されていた。但し、燃料タンク横に設置されたエンブレムには「MEGURO」と「M」「W」(メグロ・ワークス)がデザインされ、速度計には「メグロ」の文字、クラシックなパイピングシート(タックロールはなし)が組み合わされ、W800との違いを演出していた。アップライトなハンドルバーは、同時代のW800ストリートと同様なもので、ホイールサイズはフロント19インチ/リア18インチで、これは2020年モデル以降のW800(無印)と同じだった。ABS、LEDヘッドライトを採用し、日本仕様にはETC2.0車載器も標準装備された。2022年モデルでは、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合。燃費表示が若干変更となったが、諸元・性能に変更はなかった。カラーリングも変更なし。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

モデル/カラー/関連情報

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す