バイクカタログ情報(ハスクバーナ(Husqvarna)SVARTPILEN 701)

掲載台数 1,789

キーワード検索

ハスクバーナ(Husqvarna)SVARTPILEN 701のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

スヴァルトピレン701は、2018年11月のEICMA(ミラノショー)で発表された。前年(2017年)の同ショーでコンセプトモデルが発表され、その後に市販モデルが登場するのは、ヴィットピレン401などと同じ流れ。「白い矢」を表すヴィットピレンに続いて「黒い矢」のスヴァルトピレンが登場したのも、401姉妹(373.2cc)と同様だった。つまり、前年に登場していたヴィットピレン701と対になるモデルとしてのスヴァルトピレン701だった。カフェレーサー風のスタイルを持つヴィットピレン701に対し、スヴァルトピレン701は、フラットトラックレーサー風。ゼッケンプレートのようなヘッドライトまわりの造形などに、その意匠がみてとれた。搭載するエンジンは、ハスクバーナを傘下に収めていたKTMの690デュークと同じLC4(692.7cc水冷単気筒)ユニット。トレリスタイプのフレームなども基本的に同一ながら、近似性を感じさせないデザインは、キスカ(KISKA)によるものだった。標準モデル登場後に、「スタイル」というバリエーションモデルが登場。スタイルは、ワイヤースポークのホイールを採用しており、2020年からは標準モデルも、キャストホイールにかえて、スポークホイールを履くようになった。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す