バイクカタログ情報(ハスクバーナ(Husqvarna)VITPILEN 401)

掲載台数 2,121

キーワード検索

ハスクバーナ(Husqvarna)VITPILEN 401のカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
55.34

車輌プロフィール

2014年のEICMA(ミラノショー)にコンセプトモデルとして展示されたヴィットピレン401は、ハスクバーナが前年に傘下入りしたKTMのネイキッドスポーツ・390デューク用のエンジンとフレームを用いた、カフェレーサースタイルのロードスポーツだった。そのヴィットピレン401が市販型として登場したのが2017年のEICMAで、2018年モデルとしてのリリースが発表された。姉妹モデルとして開発されたダートレーサースタイルのスヴァルトピレン401(エンジン・フレームは同じ)も同様だった。なお、スウェーデン語でヴィット(VIT)は白を、ピレン(PILEN)は矢・矢印を表わした[スヴァルト(SVART)は黒]。このネーミングは、1950年代のロードスポーツ、SILVERPILENにオマージュを奉げたものだった。390デュークもだが、ヴィットピレン401は欧州におけるA2ライセンス所有者向けのモデル(エンジン出力35kW以下・車重1kgあたり出力0.2kW未満)だった。2020年モデルでは、リアシートの快適性を向上させる目的で、サブフレーム長を従来比で40ミリ延長した。ベースとなったKTM・390デュークがモデルチェンジした2024年、ヴィットピレン401もモデルチェンジ。これまで排気量373ccだった単気筒エンジンは、398.7ccにまで拡大され、ライドモード(ストリート/レイン/トラック)の選択も可能となった。フレームなどの車体周りも一新された。また、前モデルではセパレート式だったハンドルは、バータイプになっていた。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す