バイクカタログ情報(ホンダ(HONDA)TLM220R)

掲載台数 1,785

キーワード検索

ホンダ(HONDA)TLM220Rのカタログ情報

新車価格帯(実勢価格)
- -
中古車価格帯
- -

車輌プロフィール

TLM220Rは、1988年3月に新発売された2ストエンジン搭載のトライアルバイクだった。前身モデルはTLM200Rで、193ccだったエンジンの排気量を、216ccまで拡大するとともに、装備や機能を充実。クラッチ容量を増すことで、操作荷重を軽減するとともに、より微妙な操作もできるようになった。また、フライホイールを大きくすることなどで、粘り強い出力特性を得ていた。装備面では、フロントブレーキが油圧ディスク式になったことが大きなトピック。市販トライアルバイクとしては国内初採用だった。レーキホースも膨張しにくい高耐圧性の硬質ナイロン樹脂ホースを採用しており、専用の対向ピストンキャリパーやマスターシリンダーとあいまってダイレクトなブレーキ操作感を実現していた。軽量スリムなボディによって、本格的なトライアル競技はもとより、市街地走行から不整地走行まで幅広い用途で楽しめたTLM220Rは、登場後、3回のカラーチェンジを受けながら、1993年モデルまで設定された。ホンダ製の公道走行可能なトライアルバイクとしては、最後のモデルとなった。
▼ 続きを見る

関連物件から探す

基本スペック

毎週火曜日更新 人気のバイクをチェック!アクセスランキング

ページトップ

グーバイク沖縄 スペシャルコンテンツ

沖縄のバイクを探す