2017年 沖縄トライアル大会 第8戦 今帰仁大会を開催しました

掲載台数 2,668

2017年 沖縄トライアル大会 第8戦 今帰仁大会を開催しました

2017年 沖縄トライアル大会 第8戦 今帰仁大会を開催しました

8月に入りましたが沖縄は雨が降らず晴れて暑い真夏日が続いています。
沖縄北部の今帰仁自動車学校隣の敷地にて沖縄トライアル大会第8戦今帰仁大会が開催されました。
今日は中南部に少し雨が降ったようですが、今帰仁には雨は降らず、暑い中に風が少し・・暑いです。
暑さも考慮して5セクション3トライで、優しめのセクションになりました。スタート直後は元気に走りクリーンを取る選手達でしたが、後半はバテバテ。暑さで体力・集中力も欠けていきます。優しく作ったセクションのはずでしたが後半はクリーンが取れません。減点が増えていきます。
今年の34℃超えるやばいほどの暑さで人間がオーバーヒート状態!

エキスパートクラス

暑さの中セクションをリズムよく走りクリーンを取る長浜選手。いつになく調子が良いようです。
知念選手も安定した走りで減点を抑えてOUTしています。木下選手は慎重になり動きか硬くクリーンも取りますが減点5も取ってしまいます。スタート直後は速いペースでセクションに入っていきますが、後半は1回1回時間を使って水分を取り走りますが、暑さで体力を消耗しバテバテで減点が増えていきます。5番セクションでまくれてバイクを投げた木下選手、右肩を痛め腕が上がらない状態で残りのセクションを走ります。後半は暑さでバテバテの知念選手、思うように走れません。
顔がゆがめ肩の痛みに耐えて走った木下康成選手が減点36クリーン2で優勝です。ベストクリーンを取りました。2位は減点42クリーン1で知念太選手が入りました。3位に減点43クリーン2で長浜晃選手、後半ミスが増え失速しました。

ジュニアクラス

ノービスから特別昇格した仲村選手が参戦、ジュニアセクションに挑みます。
スタート直後は元気で順調にセクションを走り、途中で水分を取りながらマイペースで走ります。しかし、この暑さでは後半は集中できずに足が出ます。所々で転倒も見られ、OUTが遠いです。
優勝は顔が赤くなりフラフラになりながらも減点39クリーン2で高良勝彦選手、ベストクリーンです。2位には減点55クリーン1仲村健選手、ジュニアクラスの洗礼を受けました。

ノービスクラス

ノービス上がりたての大城選手、落ち着いた走りでOUTを目指し、クリーンを取っていきます。スタートより差をつけられた保栄茂選手、翁長選手は暑さの中で焦りもありミスが目立ち足を出ます。
新垣選手、最初は良かったのですが後半は元気がなく「吐き気する・・」と本人も初めての事でビックリ・・・熱中症!? でセクションを走ります。
優勝は減点8クリーン11最後まで踏ん張って新垣智一選手、これが初優勝になりベストクリーンも取りました。2位には減点9クリーン10で急上昇中の大城幸太郎選手。差が付きましたが3位には減点32クリーン4で翁長武直選手が入賞しました。

ビギナークラス

頑張って走りますが、元気があったのは最初だけ・・・途中からは暑さでフラフラです。
何とかクリーンを取りますが、思うように体が付いていかず、OUTに行くのが大変です。
「楽しいけど、キツイ! 暑い・」と、赤崎実昭選手の成績は減点24クリーン8「何とかクリーンが多く取れた・・」とりあえず満足・・笑顔で日焼けした顔の赤崎選手でした。

  • エキスパート_知念太
  • エキスパート_長浜_晃
  • エキスパート_長浜晃
  • エキスパート_木下康成
  • エキスパート_木下康成
  • ジュニア_高良勝彦
  • ジュニア_仲村健
  • ノービス_翁長武直
  • ノービス_新垣智一
  • ノービス_大城幸太郎
  • ノービス_保栄茂隆
  • ビギナー_赤崎実昭

2017年の沖縄トライアル大会第10戦は、10月22日(第4日曜日)は今帰仁村の今帰仁自動車学校隣の敷地にて今帰仁大会を開催いたします。
エントリー受付は大会当日の朝に会場で受付します。

★今年もやります。11月4日(土)5日(日)の2日間、沖縄市のコザ運動公園にて『コザモータスポーツフェスティバル2017』が開催されます。車やバイクが集まる中、トライアル部門では国際A級スーパークラスで4年連続チャンピオンを獲得し、今年もチャンピオンに一番近いポジションの小川友幸選手が来沖決定。(イベントの時はチャンピオンに・・!)この日は有給取ってイベントに参加、観戦しましょう!!

沖縄トライアル協会では毎月トライアル大会を開催しています。(年間12戦)
気軽に足を運んで、観覧もしくは参戦などどうでしょうか。トライアルを楽しみましょう!!
観戦および大会参加を待っています。気軽にどうぞ!!

バイクトライアル競技とは、バイクの走る・曲がる・止まる、の基本操作を追及してバイクの操縦技術を競い合っています。
トライアルを観てみたい方、トライアルバイクに乗って体験したい方、トライアル大会に参加したい方、お気軽にお問い合わせください。

沖縄トライアルについての問い合わせ
沖縄トライアル協会
2017年 会長:高良 勝彦 090-1341-8962
2017年 広報:大西 邦孝 090-8290-1614

ランキング

  • エキスパートクラス

    順位 氏名 チーム名 車種
    1 木下 康成 カンガルー TRS 300
    2 知念 太 セイキ ベータ EVO 300
    3 長浜 晃 す~た~ず ガスガス280
  • ジュニアクラス

    順位 氏名 チーム名 車種
    1 高良 勝彦 T.小禄 RTL260F
    2 仲村 健 アシスト RTL260F
  • ノービスクラス

    順位 氏名 チーム名 車種
    1 新垣 智一 カンガルー ガスガス280
    2 大城 幸太郎 STC ガスガス
    3 翁長 武直 カンガルー JTG300
  • ビギナークラス

    順位 氏名 チーム名 車種
    1 赤崎 実昭 RTL260F
第10戦
10月22日(日)in今帰仁自動車学校隣

沖縄バイクトライアルでは、競技を楽しむとともに、運転技量の向上、コミュニティー構築、安全意識の向上にも力を入れています。
初心者大歓迎!かっこ良く走りたい、上手くなりたいそこのアナタ!一緒にバイクトライアル!

PAGE TOP

沖縄のバイクを探す